スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災を思い出し

阪神大震災にあった時は当時中学1年生の頃だったでしょうか

真夜中の出来事だったので、楽しい夢が急に恐ろしい夢へと変わり「バーン!!」っと頭の上での激しい音に
驚いて目を覚ましたのを覚えてます。
その音は本棚だったのですけどね、運が悪かったら顔面に直撃しているところでしたねw

何が起こったか分からずに呆然とあたりを見回していると懐中電灯を持って
母が「大丈夫か?」っと入ってきて、ようやく地震があったのだと認識できたのですよ
階段を見てみると、階段脇に置かれていたCDが雪崩状に散らばっていたり
本ばかり置いてあった部屋は全部本が一斉に飛び出ていて床をみれる場所なんてなかったですねえ

地震と聞けば、大変なイメージがあるんですが3人兄弟の自分達は布団に入りながら
学校に行かずに済むとひたすらドンジャラで遊んでいて楽しかったという記憶すらも・・・
一番大変だったのは母なんですが、自分達が寒くないようにホッカイロを買ってきてくれたり
散らかった部屋を掃除したり、ご飯の準備をしたりと大忙しだったと思います
今思えば、本当にダメな息子達ですよね@@;

父はと言えば、丁度関東に出張に出ていて「どうした?」っと嬉しそうに電話してきた事に
めっちゃ切れそうになったと母が言ってたのも覚えてます
心配と興味が重なったのだからしょうがないかなーっとも思ったりもしましたがw

どうでもいいことなのですが、この地震のおかげで中学校の水泳大会が永久中止になったのが
凄いショックでしたね。体育の唯一の特技が水泳だったので フゥ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三流な人

Author:三流な人
三流人間の日記

独身者の料理日誌

2つのブログを運営中。

カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。